不動産の売却をして住み替えをする時にはマイホームに住んでいた期間などで税金の優遇があります。

不動産探しは実際に出向いて実見しよう

不動産売却の際には税金の優遇に注目

不動産購入は一生に何回もあるものではありません。人によっては一度きりの買い物とも言える最大のもので、多額の資金が必要になります。全ての資金を自己資金と住宅ローンで賄えたらいいのですが、実際には難しいケースもあります。そんななか、両親から資金援助が受けられる方はとてもラッキーと言えるでしょう。ただしただ資金援助をしてもらったのでは多額の贈与税がかかってきてしまいます。そこで利用したいのが相続時精算課税制度です。これは一生で最もお金が必要であるマイホームの購入の時に税金を支払わないで、相続の時に後回しにできるという嬉しい制度です。マイホーム購入時には住宅の購入代金だけでなく、引越し代金や家具・家電の代金など多くのものが必要です。相続時精算課税制度を利用すれば税金の支払を伸ばせるので、マイホーム購入時に十分資金援助を受けることができるのです。

また住み替えして、元住んでいた家を売却して、マイホームを購入したいという方は、できるだけ5年以上住んでから売却したほうが税金的に有利になります。これを長期譲渡といい、5年以下しか住んでいない家を売る短期譲渡に比べて税率をずっと優遇してもらうことができるのです。さらに決められた条件をクリアすれば住んでいた家の売却をする時に3000万円もの控除の制度があります。少しでも税金的に優遇を受けられるようにあらかじめよく調べて、不動産の住み替えや売却を有利に進めていきましょう。

Copyright (C)2018不動産探しは実際に出向いて実見しよう.All rights reserved.