不動産の購入に欠かせない住宅ローンですが固定金利と変動金利を使って、返済総額を少なくする工夫が必要です。

不動産探しは実際に出向いて実見しよう

不動産の購入に欠かせない住宅ローン

不動産などのマイホーム購入の際に多くの方がお世話になるのが住宅ローンです。住宅ローンは借りる期間が長いほど毎月の返済額は減りますが、その分返済総額が増えます。できるだけ短い期間で返済するのが良いのですが、それと同時にできるだけ低い金利で借りる工夫も必要です。住宅ローンには固定金利・変動金利というものがあります。これはどちらか一つを選択して借りることもできますし、二つのローンを組み合わせて使うこともできます。自分の考えでこれから金利がどんどん下がっていくと思われる方は変動金利で借入れて、これから金利が上がっていく可能性があると考える方は固定金利を利用することが多いのです。固定金利は現在の金利よりも若干高めに設定されていますが、そのメリットは支払い総額が確定している点です。金利のことを気にせずにコツコツ返していきたいと考える方は固定金利を選ばれることが多いのです。

逆に変動金利は支払総額が決定されていません。将来金利が下がれば返済総額は減りますし、金利が上がれば支払総額が増えていきます。またローンを借りる際にはさまざまな手数料や経費がかかります。まずはローン保証料です。これは住宅ローンを借りる上で最も高額な経費になります。ローンを返済していく上でなにかトラブルが起こったときのための保証で30万円ほどかかってくることがあります。また、ローンの借入時には火災保険料や団体信用生命保険料などさまざまな経費も必要になります。

Copyright (C)2018不動産探しは実際に出向いて実見しよう.All rights reserved.