不動産の購入には頭金が欠かせませんが財形貯蓄などを利用して効率よく貯蓄していくのが賢い方法です。

不動産探しは実際に出向いて実見しよう

不動産購入には財形貯蓄がおすすめ

不動産の購入には多額の資金が必要です。とてもキャッシュでは購入できないのでローンを組む方が多いのですが、物件購入のための費用を全てローンで賄うことはできません。実はローンは物件価格の8割までしか出ないというケースが多いのです。つまり残りの2割は自己資金として捻出しなくてはいけません。これが頭金となります。頭金は置ければ多いほど月々のローンの支払額が減らせるので、クオリティの高い生活につながっていきます。返済に余裕を持たせるためにもぜひ頭金を貯めましょう。頭金が2割というのは2000万円の住宅を購入するのに400万円も必要です。さらに頭金の他にも諸経費等の現金が必要になることもあります。

頭金を貯蓄するために、少しでも生活費を削るのもいい方法ですが、会社に財形貯蓄がある場合にはそうしたものを利用するのもいいアイディアです。財形貯蓄とは給与から天引きで貯金ができる方法で、一般財形というどのようなものにも使える財形の他に、年金のための財形、そしてマイホーム購入に役立つ住宅財形があります。天引きなので無駄遣いを防げますし、効率よく貯蓄をすることができます。またこうした住宅財形には特典があり。ある条件を満たすことで利息が非課税扱いになることがあります。しかも財形で借りる住宅ローンはかなり利率が低く設定されているので有利に返済を進めていくこともできます。勤めている会社に財形があれば是非利用してマイホームのために効率よく貯金をしましょう。

Copyright (C)2018不動産探しは実際に出向いて実見しよう.All rights reserved.