賃貸住宅を借りるとき不動産会社のサイトを見て物件を探すと思います。そのサイトについて思ったことです。

不動産探しは実際に出向いて実見しよう

不動産のホームページを見て思ったこと

かつて進学や就職で一人暮らしをするために不動産会社でアパートやマンションを借りた経験が何回かあります。今ではインターネットが普及したので不動産会社がホームページを立ち上げて情報を提供しています。提供してくれる情報には家賃や駅までの距離や間取りなど様々なものがあります。また付近のお店の情報や公共施設や医療機関など生活に必要な情報は外部のサイトにリンクして情報を提供してくれるサイトが一般的だと思います。

これらの情報をみただけだと、これから住もうとしている地域のどこにどんな部屋があるのかが今一つつかみにくいのではないかと思いました。現地に行って歩いて街の様子をみるというのが一つの手だと思いますが、町を訪れる時間が取れなかったりあるにも広すぎて歩き疲れてしまうのではないかと思います。だから、町の中でも賃貸物件が多い地域をしぼりそれをいくつかのブロックに分けてブロックごとにエリア情報を提供すると街の様子がよりイメージできるのかなと思いました。

例えば、中心の駅の改札口別のエリア情報として繁華街は駅のどちら側になっているとか住宅街はどちら側になっているのかとかを紹介するのもいいのではないかと思います。また大きな幹線道路がどの辺に走っていてその周辺の賃貸情報がどうなっているのかとか、中心の駅から一つ離れた駅の街の雰囲気や賃貸情報とかをエリア別にして情報提供するのもいいのではないかと思います。こうすることで街のイメージもつかみやすいのかなと思いました。

関連サイト情報

Copyright (C)2018不動産探しは実際に出向いて実見しよう.All rights reserved.